青い空の下

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
23
 
 こんにちは。記事をまとめて書くと肩が凝りますね。

***

 さて、分類と整理、収納まで終わりました。

 いつものように処分はこちら、といいたいところですが、処分対象は重複していた小説が3冊と、どうにも古すぎたマンガ4冊(多分私が産まれて数年後くらいに出たマンガ)です。
 マンガは文庫が出ているはずなのでそちらに買い替えを検討しています。

 この状態のクローゼットが、
DSC_2573.jpg

 こうなりました。
DSC_2581.jpg

 部屋はこうなりました。
DSC_2582.jpg
(段ボールの中も片づけなければ~…)


 途中に実用書(?)一冊読んだのも含め、終了したのが午前4時半です。
 やりすぎました。
 しかも珍しく、4時半まで娘が一度も起きなかったという奇跡も起こりました。
 腰が痛くなりました。

 個人的には手持ちの本がようやく把握できてスッキリしました。
 そして、持っていると思っていた本が意外とないことに気づきました。
 そのうちのいくつかはすでに処分したことを思い出しましたが、それ以外の本は…どこにあるのか…。
 妹に貸したというのが一番有力ですが、多分10冊単位です…。
 でも保存の部類に入る本なので(再読したい!)、手元に戻すことを考えなければなりません。
 ついでに実家に置き忘れられている小説が20冊ほどあるのでそれも持ってこなければなりません。

 そう考えると、やっぱり本のスペースが足りないと再確認できました。
 あとはクローゼット上部をどう使うか、かなと思います。

 本に関しては減らすのはなかなか難しいので(本当はもっと増やしたい…)、出来るだけ上限を破らずに入れ替えつつやっていきたいところです。

 あー、自分の書斎が欲しい。できれば近くに図書館が欲しい。
 前の住まいは図書館の分館がすぐ近くにあったので、便利だったのですが…。

 とりあえず、手持ちの本の整理と把握はできたので今回の片づけはよかったと思います。
 ただ、寝不足はやっぱり駄目でした。

 翌日はほとんど動けず、そのあと三日くらい午前中は寝ていたような感じです。
 体力落ちまくっている気がします…。
 昔は徹夜もできたのに…。

 うまく片づけを分散させて短時間を積み重ねる方法がとれるようになりたいです。

 でもやっぱり本は一気にやらないと無理だったかな~…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
スポンサーサイト
    10:10 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
22
 
 こんにちは。

***

 ようやく分類に入ります。
 結局、いろいろごちゃごちゃ考えてしまいましたが、分類は素直にマンガ、小説は作家(作者)別にすることにしました。
 実用書は数が少ないのでひとまず実用書の枠として分類。

DSC_2569.jpg
DSC_2570.jpg
DSC_2571.jpg

 写真ではわかりにくいですが、作者別です。
 ここで大半がマンガだということを再認識しました。
 そして新しいものより古いものが多いということも。

 文庫化されているもの以外は基本的に手に入らなくなっていくのでどうしても古いものが残ります。
 ついでに小説も手元に残すのは手に入らなくなるラノベ系が多いです。
 (ってそもそも買いだした私の子供の頃にこの名称はなかったのですがw)

 とりあえず作家ごとの分量が見えたので、収納方法を考えます。
 基準は前回書いた通り

 まず、借り物と未読をクローゼットの外の本棚に出すことにします。
 次に、置きたい条件を逆に考え、今後増える予定がなくすぐ再読するつもりのないもの、をカラーボックスの奥へ。
 サイズを考え、続き物の文庫小説を増える作家の分は余裕を持たせつつ薄い本棚へ。

 あとは今後増える続き物のマンガなどをカラーボックスの手前へ。

 この条件と同じ作家については同じ棚へ、ということで収納しました。

 実用書については、種類(育児、片づけ、家事、心理学系など)別に並べ、クローゼットの上部の棚へ。

 この条件に当てはめてカラーボックスと本棚に入らなかった分をクローゼット上部の棚の下へ重ねておきました。

 結果はこちら。

 クローゼット外の本棚。
DSC_2574.jpg
 1番上が借り物と未読本。
 2段目も未読本。左端に寄せたものは読み終わったもの。
 (ちなみに作業中に一冊読んでしまいました…)
 基本的に購入分もここに置く。
 下2段は好きな作家の本。ぎりぎり入りました。増えたらどうしようかな…。

 クローゼット内の薄い本棚。
DSC_2575.jpg
 文庫小説のみ。
 ほとんどが続き物のため、余裕をもって納めています。

 カラーボックス。
DSC_2576.jpg
DSC_2578.jpg
 私のマンガ。手前に置いているものは基本的に続き物。
 作家別と系統別に入れてギリギリなライン。

 カラーボックス。
DSC_2579.jpg
 夫のマンガと私のマンガ混合(笑)
 おもに少年誌系ですね。

 あと、奥に入っているものがわからなくなりやすいので作家名などをマスキングテープに書いて棚の表面へ貼りました。
 (写真では上部ですが、前面に移動させました)
DSC_2580.jpg

 クローゼット上部。
DSC_2572.jpg
 実用書とその下に積み上げているのはカラーボックスに納まらなかった分。
 こちらは主に小説が多いです。

 これらをクローゼットに収めるのとまとめ記事はまた次で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
    10:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 こんにちは。何とか更新中です。
 画像投稿が何とか楽にならないものかと考えているところです…。
 写真を撮るのは簡単だけど、UPするのに手間がかからない方法ないかな~…。

***

 9日の夜、二人の子供を寝かしつけてから本の整理作業(前準備)にかかりました。
 始めたのは10時頃。
 さて、これからこの作業何時に終わるでしょうか。

DSC_2568.jpg


 とりあえず、手持ちの書籍類をすべて出してみました。
 ちなみに、場所が足りないと踏んだので雑誌は除いています。
 厳密にいうともう少し本があると思われますが、種類が異なるもの(辞書、事典、など)なので、そのあたりも除いています。
 子供の絵本もこの部屋に置くものではないのでありません。

 基本的に、実用書、小説、マンガです。

 前回も書きましたが、昨年11月末の引っ越しの際に、「適当に詰めて下さい」とお願いして本棚に収納されていた物なのでどこに何があるかわからないため、手あたり次第、節操なしに引っ張り出しています。

 相変わらず本が多いなあという印象ですが、他のお宅はどうなのでしょうか。
 これでもかなり減らしてきているのです。自宅にいたころと一人暮らしの頃どっちが多いかはわかりませんが、まだまだありました。

 それでも、今は家族で住んでいることもあり、基本的にここに入る分、と枠を決めているのでその中に納まる程度のはず。
 とはいえ、本を収納するカラーボックスや棚の数も決まっているので何をどう納めるといいのか、そもそもどう分類するかで、混乱して手が止まってしまいました。

 そういう時は、ノートの出番です。
 ちなみにその時その場で書いたノートです。

DSC_2693.jpg


 本を収納するに当たり、どうしたいのかを考えます。

 ・読みたい本がすぐに取り出せる
 ・どこにどの本があるかわかりやすくする
 ・未読の本をまとめて読めるようにする
 ・借り物の本をまとめて自分の蔵書に紛れ込ませないようにする
 ・続き物で現在も続いている(新刊が出る)本は読んだら収納できるようにする
   →これができていないから、すぐに部屋のあちこちに本が積みあがるので…。
 ・途中で買うのが止まっているものはわかるようにする
 ・好きな作家はまとめる


 分類としてどんな分類があるのかを考えます。

 ・作者
 ・出版社
 ・雑誌
 ・大きさ
 ・自分の好きなランク
 ・増え方(完結済みかどうか)
 ・種類(小説、マンガ、実用書など)
 ・未読or既読
 ・所有(購入)者(私or夫)


 これを前提として、収納する際の分類を考えました。
 ちなみに、以前読んだ本で本の収納を好きなランクで置き場所を変えていた(リビング近くとか2階の収納用本棚など)のでそれも参考にしました。

 ①増えた本の一時置き場(買って届いたもの、読み終わったけど正しい場所に移動する前のもの)
 ②再読したい本ランク別
 ③絶対保存したいランク別
 ④好きな作者
 ⑤未読
 ⑥夫の本
 ⑦増える本(続き物未完、作者別に)


 置ける場所としては以下になります。


 ・薄い本棚(クローゼット外)
 ・クローゼット上部の棚
 ・2段カラーボックス4つ(クローゼット内)
 ・薄い本棚(クローゼット内)

 この組み合わせをどうするかを考え、①⑤をクローゼット外の本棚に置くことを決めました。
 ⑦に関してはクローゼット外か無理ならクローゼット内のの手前に。

 ひとまずここまで決めて、ようやく分類に入ります。
 また次の記事で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
    15:58 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
20
 
 こんにちは。朝から、家事をしつつ録画した昨日の相棒を見てました。
 今シーズンも楽しみです♪

***

 両親と妹二人が帰宅した日の夜の洋室です。

 母が持って来てくれた子供の服と、お披露目した息子の幼稚園グッズ&制服と、連休中に購入した子供服など片づける余裕がなく、とりあえず洋室に放り込まれていたので部屋の中はこの通り。


 さらに、妹が私の持っている本を読みたいと言ったので、クローゼットから本の棚を引っ張り出し、要望された本を積み上げたりしていたのでPCの上もこんなことに。


 気を抜くとすぐこんな感じになります。

 ひとまず、本をすべて出すために洋室の床を片付けます。
 とにかく生活スペースではないのでモノがすぐここに集まってしまうのが難点。




 分類して、用途ごとに紙袋へ。
 幼稚園グッズは連休明けまでに名前書き、書類は記入しなければなりません。




 引っ越しして業者さんに適当に詰め込んでもらった本、実は何がどこにあるのか把握しないまま10ヶ月が過ぎていました。
 さて、今回どうするのか…難問です。



 作業スペースを確保して、続きは次の記事で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
    10:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 こんにちは。

 さて、旅行から帰宅して、休みの日にいそいそと続きをやっていました。

 8日までの状態はこんな感じ。中分類に分けて、その後とりあえずまとめていた感じ。


 こういうのもありました。まぎれていた子供のもの、保証書関係とか。



作業に取り掛かります。今回の作業対象書類はこちら。


 まずは中身を分けます。

 奥右から、保険関係。
 二段目右から。給与明細、携帯明細、銀行明細、カード明細3種。
 手前右から。私の給与明細(源泉徴収票)、銀行明細、水道明細、電気明細、ガス明細、その他。
 


 まず光熱費の明細を各種類ごと年月順に並べ直す。

 各種明細も同様に。






 その後、すべてPCで家計簿に入力(入力済みのものはチェック)。
 実は、以前請求書明細はすべて保管していたのですが、今回入力が終わったものはすべて廃棄。
 家計簿に入力した、ということでお役御免としました。
 (家計簿データ、こまめにバックアップ取らなきゃ…!)



 廃棄分。今まで取っておかないと後で見直せないと思っていましたが、捨てると決めたのでスッキリ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
    14:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

Author:ユウ
収納本実践で、汚部屋脱出を試み、居心地のいい部屋、シンプルで自分の笑顔でいられる心地のいい生活スタイルを目指すブログです。

専業主婦歴ようやく3年。息子&娘の子育てに追われながら、片づけきらない部屋と自分の人生に未だ迷い続けつつ、毎日を過ごしています。

モノとココロをシンプルに整理して、青い空の下で、日々を笑って過ごせるように!
部屋が片付いていなくても!(笑)←目標は片付いた居心地のいい空間です!
そんな心持ちになれるためのブログにしていきたいです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
読書記録
なかのひと
カウンター
リンク2
逆アクセスランキング
amazon
楽天
■収納本一覧はこちら⇒クリック
草間雅子の美的収納メソッド
現在実践中の「美的収納」の本です。
理にかなった収納本だと思います。あとはやる気!?
必要なものがスグに!とり出せる整理術!
こちらも参考にしてます。
実践しやすいし、共感できる!
朝、着る服に迷わないハッピー収納術
服の整理、収納はこれを参考に行います!
色々ためになりました。
ガラクタ捨てれば自分が見える
初めて読んだ収納(片づけ)本。
執着してたものも捨てる気になれます!!
amazon2
楽天2
グリムス
FC2アフィリエイト
QRコード
携帯でアクセス
QR
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。